自然豊かなあきる野市で患者様の身になって、心を込めた医療・看護を行なっています。医療法人社団秀仁会櫻井病院(内科・消化器内科)です。



医療法人社団 秀仁会は、平成7年1月に秋川市(現あきる野市)原小宮の地に個人病院で櫻井病院(66床)を内科・消化器科で開設し、平成8年2月に医療法人化し医療法人社団 秀仁会となり、同年4月に櫻井病院を60床としました。

平成10年9月にあきる野市草花に老人保健施設さくらを入所100床、デイケア20名で開設しました。

同年12月に訪問看護ステーションさくらを開設し、平成12年4月に介護保険制度が始まりましたが、同時に訪問看護ステーション内に居宅介護支援事業を開設しました。

平成15年5月に在宅介護を行うホームケアステーションさくらを開設し、同年10月には介護老人保健施設さくらのデイケアの定員を60名に増員いたしました。

また、平成16年12月には櫻井病院の増改築を行い、病床数は同じですが床面積はほぼ2倍になっております。

さらに、平成24年5月に西多摩郡日の出町平井の地に介護老人保健施設日の出さくらを開設しました。150床の介護老人保健施設です。一般棟が105床、認知症専門棟が45床で、その内、個室が64床有ります。デイケアの定員は30名です。

また、平成24年4月には訪問看護ステーションさくら、ホームケアステーションさくら及び居宅介護支援事業は、業務拡大により手狭となったため、現在の介護老人保健施設さくらの施設内から同じあきる野市の瀬戸岡に事業所を移転しました。位置的には櫻井病院に近く、さくらと日の出さくらのちょうど中間地点です。

皆様のご支援・ご指導を賜りこれまで順調に発展をとげてまいりました。 今後も、今までの経験を生かして、さらに地域社会・要介護高齢者の為にお役に立ちたいと考えております。

病院、介護老人保健施設、訪問看護・介護ともども、これからも地域社会、高齢化社会に向けて入院、入所、通所、在宅を一環としたサービスとして行うため研鑽を重ね精進してまいる所存です。今後ともご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。













    by Adart link Page Top
Copyright & Copy; 2013 SakuraiHosptal All rights reserved.